• 齋藤健一のオススメ!

     交通事故に遭った時、大抵の人は、どうしたらいいのか分からなくなると思います。それで、あなたが重傷を負ったとしても、障害を負ったとしても、相手の保険会社の言うがままの言い値で値切られて、それで終了にされてしまうでしょう。

     なぜなら、あなたは交通事故時の交渉の素人ですが、相手はプロなのです。当然、どこの自動車保険会社にも、相手への支払いを極力コストカットするマニュアルが存在するでしょう。

     相手の保険会社は親身になってあなたに接している風に見えて、実際には、極力、あなたへの支払いをコストカットしていると思います。なぜなら、相手は営利企業だからです。利益を追求する企業なのだから、利益を減らす行為である相手方へ支払う金をたっぷり支払う訳がありません。

     大抵の日本人は、相手が平身低頭で接してきたら、「この金額でいいかな。相手の方も、こんなに礼を尽くしてくれているのだし」と思って、書類にサインしてしまうと思います。所謂、『情に流される』というパターンですね。

     でも、待ってください。冷静になって考えてみてください。もしも、その場で平身低頭してペコペコするだけで何十万円、何百万円、何千万円もコストカット出来るとしたら、その程度のことは平気でするのではないでしょうか?

     私も、本当に余裕で100万円支払ってくれるであろう本物の金持ちから「土下座したら100万円あげる」と言われたら、その程度ならするでしょう。

     なので、相手にペコペコする演技をするだけで社内の評価が上がるのなら、その程度なら平気でします。また、それは仕事なのです。マクドナルドのレジ係がスマイルゼロ円なのも(実際にスマイルを注文する客はいないだろうけど)、それは仕事だからです。仕事をして会社からお金を貰っているから、お客様扱いしてあなたを接客しているのです。

     もしも、そのマクドナルドのレジ係の人をプライベートで直撃しても、仕事中みたいに愛想良くはしてくれないし、寧ろ気持ち悪がられるでしょう。あくまでも、仕事だから平身低頭してニコニコしながら接客しているのです。

     だから、交通事故の被害者という、とんでもなく重大な大事に関して、相手の態度によって、情に流されて書類にサインしないでください。あなたはもっと大きな金を受け取る権利があるのかもしれないのだから。

     相手の不注意運転のせいで自分が障害者になり、今後、死ぬまでずっと介護なしでは生きていけなくなって、莫大な介護料が必要なのに、目の前の一千万円ぽっちなんかでサインしていいのでしょうか?長い目で見たら、たったの一千万円だけでいいのでしょうか?

     冷静になって考えることは必要ですが、所詮、あなたも私も素人なのです。いくら考えても、経験も知識も無いのです。だったら、最初から、交通事故時の交渉のプロに任せた方がいいのではないでしょうか?

     勿論、その弁護士に支払う報酬は発生します。でも、お金を取るからこそ、真剣になって、親身になって仕事をしてくれるのです。赤の他人の為に、恩人でもない人の為にタダ働きしてくれる弁護士はいません。また、もしもそんな弁護士が実際にいたとしたら、絶対に何か裏があると勘繰りますね。

     弁護士に支払う報酬も事前に聞けばいいだけです。それもサイトに載っています。だから、自分一人で対処しようとするのではなく、ちゃんとお金を支払って、プロを雇いましょう。プロに依頼しましょう。

     さあ、下のバナーをクリックして、覗いてみてください。

    【交通事故】弁護士法人あまた法律事務所

    北千住いわき法律事務所の交通事故被害プロモーション

    優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済

    やよい共同法律事務所で交通事故の被害者救済